このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産価格 > 北海道

北海道の不動産取引価格相場

2018年(平成30年)第1四半期

不動産取引額総額の平均

2230万5232円 前年比 +22.55

土地のみの取引金額の平米平均

36,241円/m2 前年比 +7.88

北海道の不動産売買価格を、国土交通省の公表による不動産取引価格(実際に取引が行われた不動産の売買金額)により、本サイトが独自に平均額を集計しています。
2018年(平成30年)第1四半期の取引総額の平均額は、2230万5232円で、前年からの変動率は+22.55%です。土地のみの売買における平米単価は、36,241円/m2、坪単価では119,807円/坪で、前年からの変動率は+7.88%です。
土地のみの取引単価は、地価公示価格・調査地価の平均価格(46,545円:2018年)に比して、-22.14%の金額です。地価公示価格の基準点は住宅地が多く、不動産取引価格は農地や林地が多いことを考慮に入れる必要があります。

取引総額平均の推移

土地平米単価平均の推移

※2006年、2007年の取引データは大型物件に偏りがある点、ご留意ください

北海道市町村別の不動産取引価格2018年(平成30年)第1四半期

取引総額平均 市町村別

土地平米単価平均 市町村別

※総額平均がもっとも高い千歳市の棒グラフ幅を最長にしています

※土地単価がもっとも高い虻田郡倶知安町の棒グラフ幅を最長にしています

統計分析

北海道内で取引総額平均が最も高額なのは千歳市で、北海道平均の3.16倍です。続いて倶知安町、札幌市、利尻富士町、苫小牧市の順に高額です。土地単価平均が最も高額なのは虻田郡倶知安町で、北海道平均の2.50倍です。続いて札幌市、函館市、帯広市、壮瞥町の順に高価格です。総額平均の1位と土地単価平均の1位が異なっているのが特色です。土地単価平均において、データのない夕張市、赤平市、歌志内市、当別町、松前町、長万部町、上ノ国町、厚沢部町、江差町、島牧村、黒松内町、真狩村、岩内町、泊村、神恵内村、積丹町、古平町、仁木町、南幌町、上砂川町、上富良野町、中富良野町、南富良野町、月形町、浦臼町、秩父別町、雨竜町、北竜町、比布町、愛別町、上川町、新得町、和寒町、剣淵町、下川町、厚真町、美深町、音威子府村、中川町、幕別町、池田町、豊頃町、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町、豊富町、幌延町、猿払村、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、利尻町、利尻富士町、清里町、小清水町、置戸町、湧別町、滝上町、西興部村、大空町、平取町、新冠町、浦河町、えりも町、新ひだか町、上士幌町、鹿追町、更別村、大樹町、広尾町、足寄町、陸別町、厚岸町、標茶町、鶴居村、白糠町、別海町、羅臼町、奥尻町を省いて、北海道の平均を上回っているのは2市町村、下回っているのは177市町村です。

北海道の不動産取引の事例

2018年(平成30年)の不動産取引価格 高額ランキング